学生生活
Home » 学生生活 » 講義要目 » 科目一覧

科目一覧

授業の特徴(カリキュラムポリシー)

1.主体的に学ぶ「自己教育力」を形成する

  • 導入科目や教養演習、入門科目を通して、社会に対する問題意識を深めるとともに自らの進路を自分でデザインする力を養う。また、社会に対する問題意識を反映した「研究計画書」を作成し、経済・地域政策・経営・会計ファイナンスの4コースから、自分に合ったコースを選択する。
  • 専任教員の「個別指導」により、学生が主体的に学ぶ姿勢と意欲を形成する。

2.専門的基礎知識を活用した「問題解決力」を身につける

  • 専門演習を基軸に、社会の問題解決をテーマにした「卒業レポート」を全学生が作成する。

3.社会人として生きる力となる「教養力」を身につける

  • グローバル社会への対応として、四か国語(英語、中国語、韓国・朝鮮語、ドイツ語、フランス語)の科目を設定している。選択した外国語については、週2回(1回60分)の授業を通して基礎的な力をつける。
  • 日本語必履修科目を通して、「読む、書く、聞く、話す(説明する)」の日本語コミュニケーション能力を形成する。
  • 経済系の専門分野を教養科目として捉え、各講義において「社会で役立つ経済、経営等」を身につける。

4.「地域貢献力」を身につける

  • 「地域実習プログラム」によって、地域問題の理解と地域貢献意欲を醸成する。
  • 「教員の研究活動」と連動する学生の地域活動を推進し、地域の問題解決のプロセスを体験する。

 

各専門コースの特徴(コースポリシー)

(1)経済コース~社会の福利を高めるシステムを考える

「経済コース」は、経済の基本的な仕組みを理解し、それをベースとして日々、変化する日本経済や世界経済に対応できる柔軟な思考力と応用力の養成を目指します。このため本コースでは、経済学の基礎理論を学び、現実の経済現象を分析する方法を獲得し、経済現象の背景にある原因が何かを明らかにします(理論経済学)。また、経済現象の何に注目して分析を行うのか、その適切な分析方法は何かを、過去の経済学者が論じた思考形成過程から探求します(経済学史・経済思想史)。さらには、現在ある経済制度がいかに形成されたのか、その特徴は何かを歴史的に理解します(経済史)。

【目指す将来のイメージ】

1)経済人として、一般企業の最前線で活躍したい人

2)公務員となって社会の仕組みを作り、人々の幸福に貢献したい人

3)アジアビジネス等のグローバル経済において活躍したい人

4)銀行・証券・保険等の金融業界に就職を希望する人

5)農業・観光・環境等の日本の成長ビジネス等で力を発揮したい人

(2)地域政策コース~国や自治体の政策課題を大局的に分析する

「地域政策コース」では、地方経済や国・自治体が抱える諸課題の構造を理解するための知識と理論を学び、社会的課題解決に不可欠な分析手法と政策論を習得します。具体的には、次の学問体系を中心に政策論を展開しながら、今後我が国の豊かな地域コミュニティの創造に資する人材の育成を基本方針とする。

【学ぶ学問体系】

1)地方経済の活性化とそれを体現する実効的な政策を具体的に考える「経済政策・地域経済論」

2)自治体財政や行政サービスの現状分析を通じて政策形成を試みる「財政学・まちづくり論」

3)各種法律にまつわる問題の分析や大局的観点から諸問題を考えるための思考法を身につける「法学」

4)経済の公共性を考える「経済政策」「環境経済学」「社会保障論」

【目指す将来のイメージ】

国家・地方公務員を目指し、次の行政が抱える政策課題を分析する基礎能力を広く身につけたい人

1)観光協会やNPO等の職員を目指し、地場産業の活性化や各種まちづくり事業を担いたい人

2)法律を絡めた、論理的思考法を身につけたい人

3)公共経済学や法学の各分野で、より高度な分析思考力や政策立案能力を高めたい人

4)医療・介護等の社会保障分野に関わる仕事に携わりたい人

(3)経営コース~個人と組織の価値創造を思考する

経営コースでは、組織運営の理論を学ぶことで、事業を企画する意欲とビジネスを管理する能力の修得を目指します。これらをもって、社会の問題を解決できる人材を育成することを目標とします。具体的には、次の経営理論を中心に習得し、人々を幸せにする価値創造の担い手として、地域社会の発展に貢献しうる人材の輩出を基本方針とします。

【学ぶ学問体系】

1)活力あるチームと個人の高いモチベーションを育てる「人的資源管理論」「経営組織論」

2) 未来の成長と組織の革新をデザインする「経営戦略論」「経営イノベーション論」

3)地域社会と生活を創造する「マーケティング論」「地域ビジネス論」

4) 組織体の実力と健全性を測定する「会計学」「経営分析論」

【目指す将来のイメージ】

1)人事・財務・情報処理・経営企画等の組織に所属し、その経営機能に精通した「専門家」を目指す人

2) 販売・営業・接客等を通じて、商品・サービス・事業等の「新たな価値」を開発する人

3)地域社会を活性化させるため、将来において「起業」を志す人

4) 金融・IT・教育等の企業経営を支える「プロ人材」を志向する人

5) 社会や組織のリーダーとなるべく、「経営者」を志向する人

(4)会計・ファイナンスコース~組織の今と未来を測定・評価する

会計コースでは、簿記・会計学を中心に学んでいきます。会計に関する知識を習得し、財務・経理関係に強い人材を育成します。単なる数字から、意味のある情報へ分析する力・理解する力・作る力を身につけます。会計データの分析をとおして、実際の企業においては何が問題となるのか、何が問題の原因なのか、どのようにして問題を解決していくのか、という問題発見と問題解決の基本的技法の習得を目指します。

【学ぶ学問体系】

1) 企業活動を財務諸表に要約する体系的かつ機械的な技術方法を学ぶ「簿記原理」

2) 日商簿記検定3級の取得を目指す「初級商業簿記及び演習」

3) 会計データの作り方と使い方を学ぶ「会計学」

4)日商簿記検定2級の取得を目指す「中級商業簿記」「工業簿記」

5) 会計処理をパソコンに入力したり、作成されたデータを出力したりする知識と技術を学ぶ「コンピュータ簿記」

【目指す将来のイメージ】

1)銀行・信用金庫などの金融機関への就職を考えている人

2)会計事務所や企業の経理事務にて、経理の専門家として活躍したい人

3) 企業の財務部門において、資本政策・投資戦略の立案や資金調達の実務などのファイナンス業務の専門家として活躍したい人

4)将来、公認会計士や税理士、ファイナンシャルプランナー等の資格を取得し、会計・財務・証券・保険等の専門家を目指したい人

 

科目一覧

1.一般教育科目
コミュニケーション科目群   言語文化科目   

 英語ⅠG 

 英語ⅠLR

 英語Ⅱ

 総合英語

 初級英語コミュニケーション

 中級英語コミュニケーション

 上級英語コミュニケーション

 ドイツ語

 中国語

 韓国・朝鮮語

 フランス語

 日本語

 ビジネス文書

 新聞で読む解く政治と経済

 海外語学研修

 技能検定資格(英語)

 情報処理科目

 情報リテラシー

 情報処理基礎演習

 情報処理応用演習

 教養演習

 教養演習

 課題研究(チュートリアル)

 

教養科目群   健康科目  

 健康論 

 スポーツレクレーション実習

 人文系

 言語と文化

 文学

 欧米文化論

 哲学

 倫理学

 美術史

 心理学

 生涯発達論

 身体論

 自然系

 地球科学

 生物学

 数学

 統計学

 自然社会系

 情報化と社会

 多文化共生論

 人文社会系

 世界史

 教育学

 日本史

 東洋史

 社会系

 法学

 社会学

 文化人類学

 ジェンダー論

 キャリア系

 キャリアデザイン論

 インターンシップ実習

 

2.専門教育科目
経済系科目群  入門科目  

 経済学入門

 地域政策入門

 経営学入門

 会計学入門

 経済コースに関わる科目

 経済データの読み方

 基礎経済学

 マクロ経済学

 ミクロ経済学

 経済史

 経済学説史

 経済統計学

 現代経済論

 戦後日本経済の歩み

 日本経済論

 日本企業論

 金融論

 国際経済学

 アジア経済論

 地域政策(法学分野含む)コースに関わる科目

 財政学

 地方財政論

 地域経済論

 経済済政策

 環境経済学

 社会政策

 労働経済論

 社会保障論

 地方自治論

 農業経済学

 地域福祉論

 地域金融論

 

 民法家族と法

商法

企業法務論

労働と法

政治学

行政学

経営コースに関わる科目

人的資源管理論

経営戦略論

人間関係論

マーケティング論

経営組織論

経営イノベーション論

地域ビジネス論

経営情報論

マーケティングリサーチ論

会計ファイナンスコースに関わる科目

初級商業簿記及び演習

中級商業簿記及び演習

工業簿記

コンピュータ簿記

会計学

経営分析

企業ファイナンス論

地域をフィールドに学ぶ

大月学入門

地域実習

専門演習科目群

専門基礎演習

専門演習

卒業レポート