大学案内

沿革

 

昭和29年 8月 大月市制施行
昭和30年 2月 大月短期大学創設(経済科 定員100名)
昭和30年12月 教職課程中学二級職業科設置認可
昭和31年 2月 附属高等学校併設
昭和54年 9月 定員変更150名
昭和55年12月 教職課程中学二級職業科を中学二級社会に変更
昭和56年 4月 特別聴講生制度導入、 地域研究室及び市民相談室開設
昭和57年 4月 外国人留学生の試行入学許可
昭和59年 4月 社会人,帰国子女,外国人留学生の入学制度導入
平成 3年 3月 講義棟(C号館)完成
平成 3年12月 定員変更200名
平成10年 4月 新カリキュラムに移行
オフィスアワーを開設
平成10年 5月 講義棟(C号館)各教室にエアコン設置
平成13年 9月 チュートリアル(個人指導制)を導入
平成14年 9月 図書館閉架書庫整備
平成14年12月 学生オープン利用パソコン設置 (40台)
平成15年 3月 図書館内リニューアル
平成15年 4月 進路相談室の整備と人員拡充
平成16年 3月 講義棟(S号館)各教室にエアコン設置
平成16年 5月 課外授業として「公務員講座」を開設
課外授業として「簿記検定対策講座」を開設
平成16年11月 学生「いこいの広場」完成
平成17年 4月 進路相談室を「進路支援室」に名称変更
平成17年 5月 創立50周年を迎える
平成21年 3月 大学評価・学位授与機構による認証評価で、短期大学評価基準を満たしていると認定
平成26年 3月 大学入試センター試験の導入
平成28年4月 大学基準協会による認証評価で、短期大学基準に適合していると認定
平成28年4月 コース選択別の導入とそれに伴う教育カリキュラムの変更