学生生活
Home » 学生生活 » 学生生活の手引き

学生生活の手引き

取得可能な学位

卒業に必要な単位を修得し卒業が認定された者には、短期大学士(経済学)の学位が授与されます。

修業年限及び在学期間

修業年限

本学の修業年限は2年です。

在学期間

本学の在学期間は4年を超えることができません。ただし、休学期間は在学期間に算入しません。

大学生活の基本事項

学生証の携帯

学生証は本学の学生であることを証明する大切なものです。教職員に提示を求められた時には、いつでも提示できるように常に携帯してください。また、学生証がないと図書館の利用及び定期試験を受験できません。

掲示及び呼び出し

学生への伝達事項、呼び出しはすべて掲示により行います。一度掲示したものは、全学生が承知したものとみなします。掲示を見落としたため不利にならないよう注意してください。

履修登録

期間内に履修登録手続を行った授業科目でなければ、授業を受けることも、試験を受けることもできません。必ず履修登録期間中に登録し、登録した授業科目の確認をしてください。

住所及び保護者変更等の届出

住所及び保護者変更等があったときは、速やかに届出をしてください。

授業日・授業時間

授業日

授業は、年間行事予定・時間割表に基づいて行われます。ただし、学校行事、教員の都合により変更する場合がありますので、注意してください(掲示により連絡)。

授業時間

授業時間は90分としますが、英語Ⅰ・Ⅱ、ドイツ語Ⅰ・Ⅱ、中国語Ⅰ・Ⅱ、韓国朝鮮語Ⅰ・Ⅱ、フランス語Ⅰについては、60分授業です。

月・水 火・木・金
1時限 8:50~ 9:50 8:50~10:20
2時限 10:00~11:00 10:40~12:10
3時限 11:10~12:10
4時限 12:55~14:25 同左
5時限 14:35~16:05
6時限 16:15~17:45

試験時間割

定期試験時間割は通常の授業時間割とは違います。確認して、間違いのないようにしてください。

月~金
1時限 9:10~10:10
2時限 10:30~11:30
3時限 12:30~13:30
4時限 13:50~14:50
5時限 15:10~16:10

 

休講・補講

休講

担当教員の公務等により授業が休講になることがあります。その場合は、掲示でお知らせします 。(休講情報は携帯サイトでも確認できます。)

休講の掲示がなく、授業開始後15分を経過しても教員が出講しないときは、教務部に申し出て指示に従ってください。

補講

学期中に休講のあった場合、原則として補講を行います。補講は各学期に設定してある補講期間中に行います。

学生生活ガイド

学生便覧の活用

入学時ガイダンスで「学生便覧」を配布しています。卒業するまで大切に使用してください。

「学生便覧」には学生生活に関わる重要事項が記載されています。不明なことが有りましたら、まずは「学生便覧」で確認しましょう。便覧に記載されていない事項及び記載内容の取扱い運用、その他については全て教務部・学生部・事務局の指示に従ってください。

ガイドブックの活用

学生生活のマナー・モラルを掲載したガイドブック「新入生へのメッセージ」を入学時に配布します。

掲示を見る習慣を

授業、試験、奨学金、諸手続や行事等すべての連絡は掲示により行ないます。登下校の際には必ず掲示を見る習慣をつけましょう。

掲示の見落としのため不利益をうけることのないよう十分注意してください。

電話での呼び出し

学外からの個人の学生に対する私的電話の取次ぎは一切行いません。また、緊急時でも、原則として掲示による呼び出し処理しかできませんので、あらかじめ家族の方にも知らせておいてください。

遺失物の取り扱い

学内で落し物、拾い物をしたときは事務局に届けてください。

自動車通学の禁止

学生の乗用車等の構内乗り入れを禁止しています。

喫煙について

学内(敷地内)は全面禁煙です。

健康診断の受診

健康の保持増進のため毎年4月のガイダンス期間に実施します。特に2年生は就職・進学に必要な「健康診断証明書」をこれに基づき発行しますので、必ず受診してください。

保険証の携帯

家族と離れて生活する学生は「健康保険証」を手元におくことが必要です。自分の被保険者証をもっていない学生は、「在学証明書」を保護者に送り、「遠隔地保険証」の交付を受けてください。

国民年金への加入

20才になったら国民年金に加入することが、義務付けられています。学生には在学期間中の保険料を社会人になってから支払うことのできる「学生納付特例制度」が認められています。詳しくは地元の市区町村の国民年金担当窓口に相談してください。

アルバイト

本学では、アルバイトの紹介を行っています。求人票をみて、自分に適したものがあった場合は直接雇用主に連絡してください。学生としての本分を忘れ、アルバイトにはしり、学業に挫折した例もあります。アルバイトをする場合は学業を第一に考え、学業の支障となるようなアルバイトはしてはいけません。

学内施設使用、情報機器の利用について

学生の利用施設について

本学では、自治会活動に供する「学生自治会室」、学生の交流の場所として設けた「学生談話室」等の使用を次のとおり定めています。

なお、土曜日、日曜日、国民の祝日に関する法律及び大月市の休日を定める条例第1条(3)に規定する日、及び、大学行事などを行う日は使用できないことがあります。(この場合は、掲示により周知します。)

決められた期日・時間以外に使用する場合は、事前に許可が必要です。

No. 施  設  名 利 用 時 間
学生自治会室・学生談話室 午前8時30分~午後7時45分
学生自習室・自習用パソコン室 午前8時30分~午後6時

※No.1については午後8時に施錠、No.2については午後6時15分に施錠するので、必ず時間内に退出すること。

※No.2学生自習室及び自習及びパソコン室は、試験前10日間に限り午後7時まで使用できます。

学内パソコン利用について

学生専用パソコンは履修登録、ホームページによる学内情報検索等、学生生活に重要になります。

※利用説明については入学ガイダンスで行い、その中で、個人ID・パスワード・メールアドレスを知らせます。

 

  • 履修登録(前・後期履修登録期間中のみ利用可)

○利用できる機器:L号館1階学生自習室全台

  • 学内ホームページ(学外インターネットからも利用可)

大月短期大学ではホームページを通じ、学内の最新情報を発信しています。ホームページには誰にも閲覧可能な一般画面と在学生のみ閲覧できる学内専用画面があります。

  • 学内専用画面で閲覧できる情報

休講情報等授業に関する情報・就職、編入等進路に関する情報、学生への緊急連絡等。

※休講情報、緊急連絡等、一部の情報については携帯電話でも閲覧可能です。

  • WEBメール(学外インターネットからも利用可)

本学では学生一人一人に対して、メールアドレスを設定しWEBメールを利用することができます。

  • 個人フォルダ(学内インターネット接続パソコンのみ利用可)

授業で作成する個人文書、個人データ等について学内サーバーの個人フォルダへ保存、更新することができます。

休学・退学・除籍

休学

学生が病気その他やむを得ない理由により2ケ月以上修学できない場合は、保証人連署の休学願に医師の診断書又はその他の理由を付した書類を添えて提出し、学長の許可を受け、教授会の議を経て休学することができます。

休学の期間は通算して2年を超えることができません。ただし特別の理由が認められるときは、さらに1年以内の休学を許可される場合があります。

退学

学生が病気その他やむを得ない理由により退学しようとするときは、保証人連署の退学願に医師の診断書又はその他の理由を付した書類を添えて提出し、学長の許可を得なければなりません。

除籍

次に該当する場合は除籍となりますので注意してください。

  1. 在学期間又は休学期間を経過した者
  2. 正当な理由がなく2ケ月以上欠席した者
  3. 正当な理由がなく授業料を納付しない者