学校からのお知らせ  記事一覧

公開講座:第6回ポリティカル・エコノミー研究会開催のお知らせ

2018-11-01

平成30年11月21日(水)、第6回大月短期大学ポリティカル・エコノミー研究会を開催します。

皆様のご参加をお待ちしております。

※詳細は、こちらをご覧ください。

平成30年度球技祭が開催されました

2018-10-15

10月13日(土)に学生自治会主催「平成30年度 球技祭」が開催されました。当日はあいにくの天気でしたが、学生たちのハツラツとした元気な姿が体育館をより明るくしていました。

 

 

準備体操後、午前の競技のバレーボールは、男女交替で3試合が行われました。いずれ、好プレイの続出!

活発的な動きと明るい歓声と、楽しい雰囲気でゲームが進みます。

 

 

 

午前の試合をめぐる談話をしながら、楽しい昼休みの後、午後の試合――玉送り、

バスケットボール、ドッジボールも元気よく進みました。若いパワーを体育館に溢れさせました。

 

 

 

一日の競技は終了し、普段、教室では見かけない学生の明るい笑顔と大きな笑い声に染みつけられて、

教員と事務員の方々もいつもより若く見られました(^_^)。来年も是非頑張りましょう!

「平成30年7月豪雨及び北海道胆振東部地震」に係る授業料等の減免について

2018-10-10

「平成30年7月豪雨」及び「平成30年北海道胆振東部地震」に係る授業料等の減免について

*詳細は、こちらをご覧ください。

公開講座:第5回ポリティカル・エコノミー研究会開催のお知らせ

2018-10-02

平成30年10月10日(水)、第5回大月短期大学ポリティカル・エコノミー研究会を開催します。

皆様のご参加をお待ちしております。

※詳細は、こちらをご覧ください。

「台風24号」による午後の講義休講について

2018-10-01

「台風24号」による交通機関の影響により

本日、10/1(月)

「午後の講義すべてを休講」といたします。

 

短大事務局

「台風24号」による休講連絡

2018-10-01

「台風24号」による交通機関の影響により

本日、10/1(月)

「午前・午後の講義すべてを休講」といたします。

 

短大事務局

公開講座:第4回ポリティカル・エコノミー研究会開催のお知らせ

2018-09-03

平成30年9月20日(木)、第4回大月短期大学ポリティカル・エコノミー研究会を開催します。

皆様のご参加をお待ちしております。

※詳細は、こちらをご覧ください。

平成30年度入学試験の問題を掲載しました

2018-08-22

8月21日に平成30年度入学試験の問題を掲載しました。

平成30年度(2018年度)一般入試における出題ミスについて(お詫び)

2018-08-21

平成30年度一般入試前期日程(平成30年2月1日試験実施)および一般入試後期日程(平成30年3月19日試験実施)において、以下の出題ミスが判明いたしました。

受験生の皆様をはじめ関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけしたことを心からお詫び申しあげます。

今後、このようなことが起こらないよう、チェック体制を強化して再発防止に努めてまいります。

 

なお、今回の出題ミスによる合否判定への影響はありませんでした。

 

◇出題ミスの概要

 

(1) 一般入試前期日程

科   目:必須科目…国語(国語総合)

試験実施日:平成30年2月1日

合格発表日:平成30年2月5日

経   緯:外部の方からの指摘を受け、本学入試委員会で確認したところ出題ミスが判明しました。

ミスの内容:問題三 問五の回答選択肢アにおいて、特定少数とすべきところを特定多数と誤植した。

そのため、厳密には正答が存在しない設問となった。

問題の抜粋:三  次の文書を読み、問一~問五に答えなさい。

問五 傍線部 d を参考に、次に続く文章のタイトルを予測し、最も適切なタイトルを

ア~エの中から選びなさい。

ア 「不特定多数ではないが、特定多数でもない」

イ 「『わたし』と『あなた』のキャッチボール」

ウ 「その土地らしい暮らしの風情と経済」

エ 「複雑な価値の交換と顔の見える関係」

対   応:当該問題に関しては正答が存在しないため全員を正解として扱い(100点満点中3点)、

再採点を行い、合否判定を行った結果、合否判定への影響はありませんでした。

 

(2) 一般入試後期日程

科   目:選択科目…地理歴史(世界史A)

試験実施日:平成30年3月19日

合格発表日:平成30年3月20日

経   緯:上記(1)を受け、本学入試委員会で入試問題全てを再確認したところ出題ミスが判明しました。

ミスの内容:問題Ⅳ Bの問題文表記において、康有為とすべきところを幸有為と誤植した。

そのため、問1及び問3において、厳密には正答が存在しない設問となった。

問題の抜粋:Ⅳ 清朝期の中国について述べた以下の文書を読み、問いに答えなさい。

B.清朝では、光緒帝が幸有為らを用いて政治改革を推進し、立憲君主制の樹立などをめざした。

問1 A~Cを年代の古い順に並べなさい。

問3 Bの改革を何と呼ぶか。

対   応:当該問題に関しては正答が存在しないため全員を正解として扱い(100点満点中2点)、

再採点を行い、合否判定を行った結果、合否判定への影響はありませんでした。

 

公開講座:第3回ポリティカル・エコノミー研究会開催のお知らせ

2018-07-05

平成30年7月18日(水)、第3回大月短期大学ポリティカル・エコノミー研究会を開催します。

皆様のご参加をお待ちしております。

※詳細は、こちらをご覧ください。

« Older Entries